父が突然発症した【すぐに息が上がって疲れてしまう】という症状

Pocket

こんにちは(^^)

ひまわりの五十嵐です。

 

 

今回は私の父の症例です。

 

【症状】

父は週に2回、ジムに通っていまして

トレーニングメニューは

・ランニング30分

・腹筋30回

・背筋30回

・たまにバーベル30kg~

・上半身を鍛える機械を3種類を20回ずつ

 

今年7月ころからランニングマシンで

1~2分走ると息が上がってしまい

急に疲れるようになり、その後

走れなくなるという症状を発症。

症状発症以降はランニングはせずに

ウォーキングに切り替えている。

同時期から田んぼで力作業をしていると

上記と同じように1~2分すると息が上がり

疲れてしまい、その後休憩を挟まないと

仕事が続けらない。

 

7月から発症したその症状は、

悪くなることはないが、

10月の現在もランニングマシンで

走ろうとすると1~2分で疲れて

走ることを継続できない。

 

【内科で検査】

内科で心電図検査をしてもらうと、

心臓の拍出のバランスの悪さを指摘されるが

60歳を過ぎるとよくあることなので

心配はいらないということで

特に薬も処方されず経過をみようとのこと。

※上の図の右心室と左心室は交互に動くのですが

動き方のバランスが悪いらしいです。

 

【私が父の症状を知ったきっかけ】

腰が痛くて診てほしいとのことで

来院したのですが、話をしているうちに

上記の症状があることを話してくれました。

 

【当院の検査での異常】

・右の骨盤の強いゆるみ

・右股関節の前方転位

《検査時に感じた違和感》

もともと父は左側の骨盤の異常が主だったのに

今回の検査では今までなかった右の骨盤の異常と

右の股関節の前方転位が見つかったこと。

 

【検査後、父にした説明】

右の骨盤の異常は心肺機能に影響するから

骨盤を正常にすれば、骨盤の影響による

心肺機能が改善され「疲れやすい」という

症状は取れるかもしれないと説明。

 

【施術内容】

・右の骨盤の整復

・右股関節の整復

・右ふくらはぎにテーピング

 

【経過】

初回施術後、右の骨盤は正常になる。

股関節の異常は取り切れないため

次回に持ち越しとする。

施術後、道路を走ってもらうと

やはり1~2分で疲れて走れなくなる。

腰とふくらはぎにテーピングを貼って終了。

 

2回目も骨盤、股関節の治療を中心に行う。

前回の治療後の田んぼ仕事では

やはりすぐに疲れてしまうとのこと。

 

3回目施術(昨日)はジムに行く当日に来てもらう。

この日の施術で骨盤と股関節の異常は

ほぼ正常になる。

 

《3回目の施術の日のジムから帰った父の話》

今日は今までのように急に息が上がることなく

10分間走れた。

まだもう少し走れそうだったけれど

用心をしてやめた。

 

【感想】

なぜ急に走れるようになったのか?

と、父は不思議がっていましたが、

実は私自身もちょっと驚いています。

右の骨盤は心肺機能に関与していると

講義では聞いていたのですが、

こんなにすぐに症状が改善するのには

施術した私自身もびっくりしました。

もちろんまだ今後の経過を見ていかないと

いけないのですが、今回の症状改善には

骨盤の施術が効果しているのは

間違いなさそうです。

 

 

不思議ですね。

「骨盤」って(^^)

 

 

【LINEで予約が可能です】
QRコードリーダーで読み取ってください。
ー読み取り方法ー
LINE→設定→プロフィール→
自分のQRコード→QRコードリーダー

予約・お問合せはこちら↓↓↓
tel:0776-72-3955

坂井市・福井市・あわら市の
腰痛・坐骨神経痛専門・巻き爪認定院

 

坂井市 ひまわり整骨院 (公式HP)

 

 

Pocket