痛みには必ず原因があるんです

Pocket

終了間際、電話が鳴りました。

電話の相手は午前中に来院された患者さん。

 

「10分くらい前に急に左足が痛くなり、歩けなくなった。」

 

この方は、定期的に来られている患者さんでした。

すぐに来院するように伝えました。

 

来院までの10分間の私の頭の中。

 

朝の治療の影響か…

帰ってから何かしたのか…

 

いろいろ考えましたが、

症状を診てみないと分かりません。

 

10分後、患者さんが家族の方に支えられて来院。

 

歩き方が、フラフラしていておかしい。

午前の帰宅時はしっかり歩いていたのに…

 

私  「帰ってからなにかしましたか?」

患者 「なにもしていません。」

 

よくよく聞いてみると、

お友達が家に遊びに来て、

家の中で椅子に座り長時間、

足を組んでいたとのこと。

 

たぶん、この動作が引き金になって

症状を引き起こしました。

症状は治まりましたが、

先ほどの私の問診の仕方

 

「なにかしましたか?」

 

患者さんの中では、

お友達と座って会話をしたことは、

「なにかをした」、

には入らないのです。

 

問診をとることの難しさを改めて実感しました。

 

今回の症状は

「急に痛くなった」

ように思いますが、

このような痛みの原因は

日常生活の中にあることが多いのです。

 

例えば、

痛みの目盛がついたコップがあるとします。

目盛が10になれば痛みを引き起こします。

6ぐらいでは、痛みは感じません。

日常生活での不良姿勢や

負担のかかる動作を繰り返すうちに、

この痛みの目盛が少しずつ上昇し始めます。

これがある一定限度(閾値)を超えると

症状として出始めます。

 

患者さんからしたら、

「なにもしてないのに、痛みが出た」、

になるのです。

 

しかし、原因は日常生活の中にあります。

 

痛みがある時は、

患者さんも気をつけようとしますが、

痛みがなくなれば、

また”元の生活”に戻ります。

 

 

元の生活環境が悪かったから痛みがでたのに…

 

 

自己管理が大事です!!

 

 

【LINEで予約が可能です】
QRコードリーダーで読み取ってください。
ー読み取り方法ー
LINE→設定→プロフィール→
自分のQRコード→QRコードリーダー

予約・お問合せはこちら↓↓↓
tel:0776-72-3955

坂井市・福井市・あわら市の
腰痛・坐骨神経痛専門・巻き爪認定院

坂井市 ひまわり整骨院 (公式HP)

Pocket