足のこむらかえりが続く原因を斜め45度から解説【予防方法についても】

Pocket

こんにちは(^^)

ひまわりの五十嵐です。

 

 

 

今回は

こむら返り

について

 

 

【こむら返りとは】

ふくらはぎ=こむら

に起こる筋肉が痙攣することの総称をいいます。

「足がつる」とも言われ、

特にふくらはぎに起こりやすい。

ふくらはぎ以外にも 指・首・肩なども

この症状と類似した状態になる場合があります。

 

 

寝ている時に

突然くる

こむらかえりの予感…

 

くる…

 

来る…

 

クル…

 

きたー

 

 

【こむらかえりは超激痛】

僕自身もこむらかえりの経験が

あるのですが、慣れてくると

こむらかえりの前兆が分かるようになります。

 

何とかその時点で止めることができれば

いいのですが、止めれなければ

こむらかえりが発生し激痛に襲われます。

 

ほとんどの方は就寝時に起こることが多く、

痛みで飛び起きます。(痛くて飛び起きれないのですが…)

 

 

【こむら返りの原因とは】

・ミネラルバランスの問題

・水分不足

・筋肉疲労

などが一般的にいわれている

こむらかえりの原因ですが、

今回はちょっと別の角度から

こむらかえりを見てみましょう!

 

 

【骨盤の異常がこむらかえりを引き起こす?】

当院に来院される患者さんの中にも

夜中にこむらかえりが起こる方も多くおられ

よく相談を受けます。

 

実は僕、どちらの足にこむらかえりが

起こるかを聞かなくても分かるんです。

 

それは骨盤検査で異常があった方が

こむらかえりが起こる方の足だからです。

 

今のところ

ほぼ100%の確率で当たっています

 

これは骨盤の異常がこむらかえりを

発生させる一因になっていることを

示唆しています。

 

 

【こむらかえり発生のメカニズム】

※ここから少し難しくなります

まずは骨盤を正面から見てみましょう

青線が仙骨

オレンジ線が寛骨

仙骨と寛骨が合わさって「骨盤」です。

 

様々な原因により骨盤に異常が発生↓↓↓

仙骨に対して寛骨が前方に回転した状態

 

横から見た状態↓↓↓

 

骨盤が前方に回転することにより

ふくらはぎの筋肉が引っ張られる↓↓↓

 

ふくらはぎの筋肉が過剰に引っ張られる↓↓↓

 

引っ張られた筋肉が限度を超えると

一気に応力が集中し、筋肉に痙攣を起こします。

 

これが

「こむらかえりの発生のメカニズム」です。

 

 

【当院のこむらかえりの治療】

・骨盤の治療

・ふくらはぎの治療

・テーピング

この3つでこむらかえりは治ります。

 

治療のイメージ↓↓↓

 

 

【症例】

70代 女性

半年前から腰~右臀部~太ももの後ろに

痛みがあり仕事にも支障が出てきたため来院。

2ヶ月前から夜中に両足がつるようになる。

 

【施術】

上記の施術を施行

 

【経過】

腰から足にかけての症状は順調に改善。

同時に夜中のこむらかえりも起きなくなる。

 

 

【こむらかえりを予防しよう】

骨盤の異常がこむらかえりの原因に

なっている場合は、骨盤を改善しなければ

こむらかえりは治りません。

 

動画で紹介しているストレッチ法を

しっかり実践していただければ

骨盤が正常化されて、

こむらかえりを予防することができます。

 

こむらかえりでお悩みの方は

ぜひ実践してみてください(^^)

 

 

 

こむら返りに悩まされない

素敵な快眠生活を

 

 

【LINEで予約が可能です】
QRコードリーダーで読み取ってください。
ー読み取り方法ー
LINE→設定→プロフィール→
自分のQRコード→QRコードリーダー

予約・お問合せはこちら↓↓↓
tel:0776-72-3955

坂井市・福井市・あわら市の
腰痛・坐骨神経痛専門・巻き爪認定院

坂井市 ひまわり整骨院 (公式HP

Pocket