【ポキポキ禁止!】関節をポキポキ鳴らすと腰痛や肩こりの原因になる事実~関節の音の正体とは~

Pocket

こんにちは(^^)

ひまわりの五十嵐です。

 

今回は

「関節ポキポキ」

について

 

・気持ちがいいからと癖になっている人

・特に意識せずに鳴ってしまう人

いますよね。

 

問題なのは意識してポキポキ鳴らす人です。

たまに鳴ってしまうのは仕方ありませんが

意識して関節を鳴らすのは実はとても問題なんです。

 

そもそもあの関節の音って

一体なぜ鳴るのでしょうか?

 

まずは関節の仕組みから

 

関節の仕組み


関節というのは、

骨同士が合わさって関節なんですが、

関節を包んでいる袋(関節包)があります。

この中は関節液(潤滑油)で満たされてています。

 

 

関節の音の説明


関節を引っ張ると関節の中の圧力が下がり

陰圧になった内部には気泡が発生します。

※お風呂の中でおもちゃの注射器を勢いよく

引っ張るとブクブクと気泡が発生する原理と

同じです。

そのまま引っ張り続けるとやがて限界を迎え

気泡が弾けると同時に内圧は一気に正常な

状態に戻ります。

気泡が弾けるときに「ポキッ」と鳴る音が

関節の音の正体です。

 

 

関節を鳴らすと気持ちがいい?


関節を鳴らすのが習慣化している方は

気持ちがいいからですよね。

確かにポキッと鳴ると気持ちがいいし

なんかすっきりしますしね。

関節内の圧が、音が鳴った瞬間に

正常化するのと筋肉が伸ばされて起こる

ストレッチ感によるすっきり感なのですが、

気持ちのいいことと体にとっていいことは

実はまったく別なんです。

※僕もたまに腰を鳴らしちゃいますが…

 

 

 

関節ポキポキをしてはいけない理由


関節を鳴らした時の音って荷造りの時に

使うプチプチに似てますよね。

 

荷造り用のプチプチでプチっとする時に

わずかな衝撃波が出て、その衝撃は

空気中に逃げていくのですが

これが密封された関節の中だと

大問題なんです。

 

プチっとなった瞬間の衝撃波は

関節の中の水を伝わり骨にわずかな

衝撃を与えます。

 

このわずかな衝撃は一回では

どうってことはありませんが、

これを毎日毎日続けるとどうでしょうか?

小さな小さな衝撃がやがて軟骨を破壊し、

関節を壊し、変形の原因になることだって

十分考えられます。

 

指の関節を鳴らし続けると指が太くなるって

聞いたことありませんか?

あれは何年、何十年も関節を鳴らし続けた結果

指の関節が変形し、太くなってしまったのです。

 

指なら多少変形しても日常生活で問題には

ならないかもしれませんが、

 

これが首や腰の骨だとどうでしょうか?

 

首や腰の骨をポキポキ鳴らし続けた数十年後、

それが原因で骨が変形し、腰痛・坐骨神経痛

頭痛・肩こりなど様々な症状に悩まされること

になる可能性は十分にあるのです。

 

 

結論


たまに鳴っちゃうくらいなら

特に問題ありませんが、

数年、数十年関節を鳴らし続けると

関節に異常をきたす場合がありますので

関節を鳴らす癖がある人は要注意です。

 

だって普通に考えたら、

正常な関節って音は鳴らないですもんね。

 

 

それでも関節を鳴らしてしまう人へ


関節を鳴らすことが癖になっている人は

2週間我慢しましょう。

癖は2週間あればとれるので、2週間の我慢です。

 

 

今日限り関節を鳴らすのはやめましょう(^O^)/

 

 

【LINEで予約を承っております】
QRコードリーダーで読み取ってください。
ー読み取り方法ー
LINE→設定→プロフィール→
自分のQRコード→QRコードリーダー

予約・お問合せはこちら↓↓↓
tel:0776-72-3955

坂井市・福井市・あわら市の
腰痛・坐骨神経痛専門・巻き爪認定院

 

坂井市 ひまわり整骨院 (公式HP)

 

 

Pocket