ほとんどのヘルニアは腰痛や坐骨神経痛とは無関係という事実を知ろう

Pocket

こんにちは(^^)

ひまわりの五十嵐です。

 

 

今日は

ほとんどのヘルニアは腰痛とは無関係

について

 

 

腰が痛くて…

お尻が痛くて…

足がしびれて…

 

病院に行って、

MRIを撮って

診察室へ。

 

「あなたヘルニアですね。」

 

 

ヘルニアと診断されて

「私は一生腰痛に悩まされるんだ」

と悩んでいるあなたへ

 

 

ヘルニアってどんな病気


ヘルニアとは内部組織が外へ飛び出すことをいいます。

臍ヘルニア(でべそ)、

腸ヘルニア(脱腸)、

椎間板ヘルニアが有名です。

 

椎間板ヘルニアとは、

背骨の骨と骨の間にある

クッションの役割を果たしている

椎間板の一部が飛びだすことをいいます。

外に飛び出た椎間板の一部が神経を刺激して

・腰の痛み

・足がしびれる

・坐骨神経痛

・腰から足にかけてしびれや痛み

などの症状を訴えられる方が多いです。

 

 

以前は手術が主流だった?


以前は飛び出た椎間板の一部が神経を

圧迫していることで痛みを起こすと

考えられていたので、ヘルニアを手術で

取り除く治療などが行われていました。

しかし、この診断と治療にはいくつか矛盾点があります。

 

 

「ヘルニアは腰の痛みの原因」の矛盾点


飛び出た椎間板の一部が神経を圧迫しているのが

原因ならば、手術をして髄核を取り除かない限り

痛みが取れないはずです。

ところが実際は椎間板ヘルニアと診断された

患者さんのほとんどの人が手術をしなくても

痛みがよくなります。

逆に手術をしてヘルニアをきれいに取り除いても

痛みが取れない人もいます。

これは一体どういうことでしょうか?

 

 

痛みの原因はヘルニアではない!?


MRIの普及により椎間板ヘルニアがあるのに

痛みがない人がたくさんいることがわかりました。

ある調査では腰痛や下肢に痛みがある人と、

何も症状がない人のMRIを比べたところ、

腰椎椎間板ヘルニアがある確率は同じであることが

わかったそうです。

つまり、

腰痛や下肢の痛みの有無と

椎間板ヘルニアの有無には、

相関関係が全くないと考えた方が妥当です。

 

 

腰痛や下肢痛の原因は何?


ズバリ、骨盤の異常です。

骨盤の動きが悪くなることで

筋肉に負担をかけ、腰の痛みや

下肢の痛みを引き起こします。

 

 

ヘルニアと診断されても大丈夫です


腰痛や下肢症状があって病院に行き

腰部椎間板ヘルニアと診断されて、

その後来院される方は多くいますが、

・骨盤の治療

・腰のアイシング

・歩行指導

・体操指導

で十分その症状は治ります。

 

 

ヘルニアと診断されて不安な方は

当院に一度ご相談ください。

症状改善に向けて一緒に頑張りましょう!

 

 

今日も読んでくれてありがとうございます(^^)

【LINEで予約が可能です】
QRコードリーダーで読み取ってください。
ー読み取り方法ー
LINE→設定→プロフィール→
自分のQRコード→QRコードリーダー

予約・お問合せはこちら↓↓↓
tel:0776-72-3955

坂井市・福井市・あわら市の
腰痛・坐骨神経痛専門・巻き爪認定院

 

坂井市 ひまわり整骨院 (公式HP

Pocket