足底腱膜炎の痛みを骨盤を治して改善します

Pocket

当院の治療では、

患者さんが痛みを訴えている部位を

触らない場合があります。

 

痛いところを触らないというのは

患者さんにとっては不満だと思いますが、

そこに原因がないのに触っても仕方ない

ということで患者さんには説明して

理解していただいて治療しております。

 

 

【症例】

踵を地面に付けることができずに

びっこを引いた状態で来院された患者さん。

 

患者さんが持ってきたレントゲンのコピーを見てみると、

踵の骨に「とげ」がみられます。


診断名は

「足底腱膜炎」。

 

筋肉がかかとの骨を引っ張ることによって

骨に「とげ」を作ってしまい、

そこに炎症が起きて痛みを発症します。

 

当院の治療は

まず骨盤に異常がないか検査をして

治療により骨盤の動きを正常にします。

あとは痛いところに負担がかからないように

テーピングをして終了です。

(イメージ写真)

 

最初はかかとが地面に触れるだけでも

痛かったのに体重をかけて歩けるようになりました。

当然、痛みがすべて取れたわけではないので

ゆっくりしか歩けませんが。

 

あとは定期的に骨盤を正常にしていけば

足の裏の痛みは改善していきます。

 

 

足底腱膜炎にお悩みの方は

いつでもご相談下さい^_^

 

 

【LINEで予約が可能です】
QRコードリーダーで読み取ってください。
ー読み取り方法ー
LINE→設定→プロフィール→
自分のQRコード→QRコードリーダー

予約・お問合せはこちら↓↓↓
tel:0776-72-3955

坂井市・福井市・あわら市の
腰痛・坐骨神経痛専門・巻き爪認定院

坂井市 ひまわり整骨院 (公式HP)

Pocket