【坐骨神経痛】急に発症した足の激痛、しびれ、お尻の痛みの改善例

Pocket

こんにちは(^^)

ひまわりの五十嵐です。

 

 

症例報告です。

 

【患者さま】

50代 男性

 

【症状】

赤色‥痛みの部位

青色‥しびれの部位

 

当院に来院する2週間前から

急に左のお尻が痛くなり、

翌日の朝から左足に激痛、しびれが発生。

横になると痛みが増すため、

夜横になって寝られない。

座る、立つ、臥位すべての動作が痛い。

病院でMRIを撮り、ヘルニアからくる症状と

診断されブロック注射をしてもらうが、

あまり痛みに変化がなかったため来院されました。

 

【来院時の状態】

来院時、痛みが強くてびっこ歩き。

特に足の痛みが強く、

足を地面に着くたびに激痛が走る。

しびれ感も強く、足の甲が締め付けられる。

問診時に座っていても痛みが強く感じる。

すべての動作で痛みを感じるため、

楽になる態勢がなく、気が休まらない。

仕事は痛みを発症してから休んでいる。

 

《来院時のお悩み》

このまま治らなければ仕事をやめなければいけない

このまま治らなかったらと思うと今後が不安

 

【検査での異常】

・左骨盤のかみこみ+ゆるみ

・右骨盤の強いゆるみ

・右股関節の可動制限

 

【施術内容】

・左右の骨盤整復

・股関節の整復

・腰のテーピング

・腰へのアイシングを徹底

・骨盤体操の指導

 

【経過】

施術は毎回上記の処置を行った。

初回~3回目まで症状が変わらなかったが

初回来院時から2週間後の4回目の施術前に

痛みが当初の7/10、しびれは6/10に

軽減したと報告を受ける。

 

痛みが少し軽減したため仕事へ復帰した。

 

初回来院時から1か月後の来院時に

しびれの範囲が小さくなり、

痛みが半分以下に軽減したと報告を受ける。

 

《しびれの経過》

来院時のしびれの部位

↓↓↓施術開始1か月後

 

《症状発症から2か月後の現在の状態》

お尻、足の痛みは完全に消失。

足のしびれは親指の先だけになる。

↓↓↓現在のしびれの部位

 

 

【坐骨神経痛の痛みの取れ方】

坐骨神経痛の症状の方は多く来院されるのですが、

その症状の取れ方にはあるパターンがあります。

痛みは下の図のような取れ方をする方が多いです。

《痛みの取れ方の例》

↓↓↓

↓↓↓

↓↓↓

↓↓↓

↓↓↓

腰から離れた所に痛みがあれば

あるほど、症状は取れにくいですし

治るまでの期間は時間がかかります。

 

《しびれの取れ方の例》

しびれの取れ方は、痛みとは逆に

足先に抜けるように取れてくパターンが多いです。

 

 

【まとめ】

やはり早期改善のためには早期治療が

必要ですので、坐骨神経痛や腰痛で

お悩みの方はお早めにご来院くださいね。

 

頑張って一緒に症状を克服しましょう!

 

 

【LINEで予約が可能です】
QRコードリーダーで読み取ってください。
ー読み取り方法ー
LINE→設定→プロフィール→
自分のQRコード→QRコードリーダー

予約・お問合せはこちら↓↓↓
tel:0776-72-3955

坂井市・福井市・あわら市の
腰痛・坐骨神経痛専門・巻き爪認定院

 

坂井市 ひまわり整骨院 (公式HP)

 

 

Pocket