五十肩が痛くて腕が挙がらないという方におススメの体操

Pocket

こんにちは(^^)

ひまわりの五十嵐です。

 

今日は五十肩でお悩みの方に、

簡単で効果的な体操をお教えします。

 

五十肩でお悩みの方の症状は、

1・原因なく徐々に痛くなり

ちょっと気になるくらい、

シップを貼って様子を見ようかなの時期

2・ちょっとした日常生活動作に支障をきたす

服の着脱、洗髪動作、シートベルを装着時など

3・痛みは徐々に強くなり、病院を受診する時期

痛み発症から3か月~6か月の時期?

病院でレントゲンを撮って「五十肩」を診断される

4・肩を動かすのが痛みのために苦痛

夜中の痛みがあり寝れない、

肩を動かすすべての動作が痛くて苦痛、

薬もあまり効かない時期。

この時期になると病院、整骨院、鍼灸院、

マッサージなどを受診される方が多いです

5・痛みのピークが過ぎ、徐々に和らいでいる時期

 

肩の痛みを訴えられる方は上記のいづれかの時期に属します。

 

 

肩の痛みは一度発症すると

なかなかすぐには良くなってくれず、

ズルズル長引くことも多いので、

ご本人は苦しい思いをされます。

 

今回、五十肩を取り上げたのは、

ちょっと前に地区の集まりがあり、

そこで五十肩に悩んいるという方に相談されました。

 

その時にその方にアドバイスした「ハイハイ歩き」をお伝えしますね。

 

当院にはハイハイ歩きスペースがあります。⇓⇓⇓

ハイハイ歩き専用の運動スペースです。

整骨院を建てる時に、ハイハイ歩きのためだけに作りました。

重度の腰痛の方、ぎっくり腰の方や五十肩の方の

運動スペースとして使用します。

 

ゆっくりハイハイ歩行をすることで、

骨盤の動きがスムーズになり

強い腰痛の方でもこの体操のあとは

驚くくらい腰痛が楽になります。

 

ハイハイ歩行は五十肩の方にもとても効果的な体操です。

 

【ハイハイ歩き実践編】

畳の部屋で行いましょう。

顔は下を向かないように正面を向き、両手の幅は肩幅。

最初は痛みの出ない程度に歩幅を小さくハイハイしましょう。

慣れてきたら少しづつ歩幅を大きくしていきます。

部屋の中を大きくグルっと回りましょう。

右回り2周、左回り2周です。

ハイハイの後は、肩を氷で30分冷やし炎症を抑えましょう。

この運動を続けていけば、肩の痛みは

少しづつ軽減していき、肩が痛くて動させない人でも

動く範囲が広がるはずです。

 

ぜひ、やってみてください。

あなたの肩の痛みが早く治りますように(^^)

 

 

【LINEで予約が可能です】
QRコードリーダーで読み取ってください。
ー読み取り方法ー
LINE→設定→プロフィール→
自分のQRコード→QRコードリーダー

予約・お問合せはこちら↓↓↓
tel:0776-72-3955

坂井市・福井市・あわら市の
腰痛・坐骨神経痛専門・巻き爪認定院

坂井市 ひまわり整骨院 (公式HP)

 

 

 

 

Pocket