【うおの目】小学生の時からうおの目に悩んでいた方の改善例

Pocket

こんにちは(^^)

ひまわりの五十嵐です。

 

うおの目の方の症例です。

 

【患者さま】

50代 女性

 

【お悩み】

小学生のころから足の裏にうおの目があり、

定期的に病院に行き削ってもらっていた。

最近では、市販の皮膚軟化剤を使用して

柔らかくなった皮膚を自分で削っていたが、

歩くのも痛くて体重をかけられない状態が

続いていた。

 

今回、旦那様がネットで当院を調べて

来院されました。

 

【来院時のうおの目の状態】

足の裏全体にうおの目があるのですが、

今回歩けないほどの痛みを感じるうおの目は

下の2か所でした。

 

↓↓↓親指の下にある大きなうおの目

↓↓↓小指の下にある大きなうおの目

 

【施術後】

↓↓↓40分後

 

 

↓↓↓40分後

きれいになりました(^^)

あとは自分でできる今後のケア法を

アドバイスして終了です。

 

【最後に】

うおの目でお悩みの方の多くは、

市販の皮膚軟化剤で柔らかくして

柔らかくなった皮膚を削ると

いうことを繰り返していていますが、

実はその処置がどんどんうおの目を

大きくしていってしまうのです。

皮膚軟化剤は確かに皮膚を柔らかく

してくれるし柔らかくなった皮膚を削れば、

確かに痛みが取れるので、それを繰り返す

気持ちもわかるのですが、その処置は

間違いなんです。

固くなったうおの目を皮膚軟化剤で

柔らかくしてして、それでうおの目が

きれいに取れるのならいいのですが、

中途半端な状態で放っておくと

その上にさらに固い角質(うおの目)が

できて、余計におかしな状態になって

しまうのです。

 

ですので、うおの目でお悩みの方は

何もせずに当院に来てください。

 

完ぺきな処置をします。

痛みからの解放をお約束します(^^)

 

料金についてはこちら

 

 

【LINEで予約が可能です】
QRコードリーダーで読み取ってください。
ー読み取り方法ー
LINE→設定→プロフィール→
自分のQRコード→QRコードリーダー

予約・お問合せはこちら↓↓↓
tel:0776-72-3955

坂井市・福井市・あわら市の
腰痛・坐骨神経痛専門・巻き爪認定院

坂井市 ひまわり整骨院 (公式HP)

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください