足関節捻挫の治療方法

Pocket

足首の捻挫。

 

スポーツをされている方は

一度は経験されたんじゃないでしょうか?

今日来られた方もサッカーをしていて足首を捻り負傷。

 

 

診療ベッドまでの誘導の時、

歩き方をチェックします。

踵が着いていない。

ベッドで横になってもらい、

問診でどのように傷めたのかを確認。

骨折の有無をチェック!

骨折は大丈夫!

次にどこの靱帯を傷めたか圧痛+可動域チェック。

どこの痛みであろうが、

まずはしっかり検査してどこを傷めているのかを

知ることが大事です。

 

 

治療開始。

 

 

捻挫にはもちろんアイシング。

20分のアイシング後、

今度は水圧で患部を圧迫。

10分後、最後に靱帯の修復作業。

損傷している靱帯をローラーでコロコロと10分。

最後に薄膜というテープを貼って

もう一度、歩行チェック。

来院した時は踵がつけない状態だったのが、

治療後はしっかり踵をつけて歩いてます。

 

痛みを起こしている部位を

治療するときに一番大事なのは

患部を治りやすい環境にしてあげることです。

 

環境さえ整えばあとは勝手に治っちゃいます。

 

最後に患者さんとの会話

患者さん

「痛みが治まってきたら温めた方がいいですか?」

「痛みが取れるまで冷やして下さい」

患者さんからよく言われるのが

温めた方がいいですか?

冷やした方がいいですか?

 

 

痛みがある=炎症が起きている

炎症=熱

熱→熱膨張→腫脹

 

 

熱に対して温めますか?

冷やしますか?

 

 

【LINEで予約が可能です】
QRコードリーダーで読み取ってください。
ー読み取り方法ー
LINE→設定→プロフィール→
自分のQRコード→QRコードリーダー

予約・お問合せはこちら↓↓↓
tel:0776-72-3955

坂井市・福井市・あわら市の
腰痛・坐骨神経痛専門・巻き爪認定院

坂井市 ひまわり整骨院 (公式HP)

Pocket