頭寒足熱で早期改善

Pocket

昨日から子供の風邪をもらい、調子が悪い。

 

昨日は食欲もあまりなくて、身体が重いしダルイ。

夜中に何度も目が覚めて、水分補給。

今日も引き続き体の調子が良くない。

こんな時、我が家では風邪薬…ではなく、頭を冷やします。

 

頭全体を約2kgの氷で30分。

仕事の昼の休み時間を利用して頭を氷で冷却。

足元はしっかり温めます。

まさに頭寒足熱。

今まで何度も頭を冷やしてきましたが、

冷却直後はすぐに眠りに落ちます。

頭を冷やすと熟睡できます。

冷却後、数分インターバルをおいて、

起き上がると…

 

頭と体がすっきり。

あんだけ足元がふらふらしてたのに冷却後は、

しっかり歩けました。

 

この前テレビで放送していた脳低体温療法。

脳の手術後、冷水が流れるクーラー・ジャケットで

全身を冷やしながら、脳に流れ込む血液を冷却して

脳温を下げる方法。

この方法を行っている病院では、

8割近くの患者さんが命をとりとめ、

このうち6割の方が障害も残らず

社会復帰しているそうです。

しかし、この方法は管理が大変で

一人の患者さんにかかる費用が数千万円。

しかも、全身の体温が低下するため

当然免疫低下が起こります。

また、心臓のペースの調律が難しく、

心不全の危険性が高まるそうです。

この放送を見ていて、

脳に流れる血液を冷やしたいんなら、

首を冷やしたらいいんじゃないの?

という素人発想。

 

氷なら僅かな電気代だけ…

 

そうそう今回のテーマは頭寒足熱。

実はこの方法、

肩こりや頭痛にも、ものすごく効果的。

 

肩こりを冷やす…?

 

だまされたと思って一度、試されてみてはいかがですか?
(だますつもりはないです)

 

ただし、冷却方法や注意点がありますので、

試したい方は当院で説明します。

Pocket