【腱板断裂】肩を上に挙げると痛い!早めの治療が大事な理由

Pocket

こんにちは(^^)

ひまわりの五十嵐です。

 

 

肩の周辺の筋肉が切れる状態

「腱板断裂」の症例です。

 

 

腱板断裂とは


腱板断裂とは、腱板(肩関節を包む筋肉)が

老化や外傷により断裂もしくは部分的に断裂

する状態をいいます。

中年以降に多い病気です。

明らかな外傷によるものは半数で、

残りははっきりとした原因がなく、

日常生活動作の中で、断裂が起きます。

 

~~~~~~~~~~~~~~~

 

今回の患者さんは70才の叔父なのですが、

1週間前から急に肩に痛みを感じ、

腕を前に挙げる動作、後ろに回す動作時に

痛みがあり、服の着脱にかなり支障を

きたしているようです。

 

肩の状態を診ると筋肉の断裂

(腱板断裂)を確認しました。

 

 

【痛みの部位】

赤丸部分に挙上時の強い痛みと

圧痛を訴えます。

 

↓↓↓初回来院時の状態

腕を挙げようとしても痛くて

ここまでしか挙がりません。

 

 

【肩の筋肉の断裂】

黄色の矢印の部分に筋肉の断裂が

あるのですが、分かります?

よく見ると少しポコッとへこんでいます。

肩の筋肉が断裂を起こして

腕の重みで左腕全体が下に下がって

出来た隙間が赤丸で囲んだ部分です。

 

 

ちなみに痛くない方の右肩の写真です。

左肩にあったへこみありません。

 

 

【治療内容】

今回、治療に使用した治療道具。

 

 

【経過】

来院から1週間、5回の治療で

肩の挙上時の痛みはほとんどなくなり

服の着脱も問題なくできるようになりました。

 

↓↓↓来院時

 

↓↓↓1週間後

 

 

【肩の痛みは早めの治療が大事】

肩の痛みは早めの治療が必要です。

そのうち治るだろうと放っていて

肩の拘縮を起こすことがあるからです。

 

~~ 拘縮とは? ~~

肩周辺の筋肉が硬くなり、関節の可動域

が狭くなること。

肩の拘縮を起こすと治療期間が長くなる

こともあるので注意が必要です。

 

 

【肩の痛みに効果的な体操】

以前、僕自身が肩の痛みの時に

実践した体操を参考にされて下さい。

しっかり実践すればほとんどの肩の

痛みに対応可能です。

肩の痛みに効果的!実践腕立て体操

 

 

【感想】

肩の筋肉が切れたからといって

手がこのまま挙がらなくなると

いう事はないです。

 

筋肉が切れていても関節の動きが

正常になれば他あとは靱帯や他の筋肉が

頑張ってくれるので、日常生活には

支障がないくらい改善しますので、

「腱板断裂」と診断されても

ご安心くださいね(^^)

 

 

 

【LINEで予約が可能です】

予約・お問合せはこちら↓↓↓
tel:0776-72-3955

坂井市・福井市・あわら市の
腰痛・坐骨神経痛専門・巻き爪認定院

坂井市 ひまわり整骨院 (公式HP)

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください