【強剛母指】息子のばね指(強剛母指)の施術例をご紹介します

Pocket

こんにちは(^^)

ひまわりの五十嵐です。

 

 

※以前書いた記事なのですが、

当時撮った写真が見つかったので

追記しますね。

 

 

ある日、息子の親指を何気なく見ると

「曲がったまま伸びない」

のを見つけました。

 

子供の手の親指が伸びなくなる症状を

「強剛母指」といいまして、

大人でいえばバネ指」と同じ

症状を発症しました。

親指が伸びていないのが分かりますか?

思い切りパーをさせるとこんな感じです。

やっぱり伸びません。

無理やり伸ばそうとすると痛がります。

 

親指の付け根を触ると赤×の部分に

固い腫瘤が触れます。

 

 

今回は息子の強剛母指の施術症例です。

 

 

強剛母指について


 

多くの場合、1歳から3歳くらいのあいだに、

子供の親指が伸びない

曲がったら伸びない

と親が気付いて発覚します。

親指の付け根に固い隆起物を触れることもあります。

この状態(症状)を「強剛母指」といいます。

 

病院に行けば手術を勧められることもあるそうですが

手術についてはいまだ議論されているそうです。

 

5~6歳まで待てばたいていは治るといわれていて

手術は5~6歳以降でもまだ治らない場合に

行う傾向になっています。

 

その強剛母指に息子がなっちゃいました。

 

 

息子への施術方法


①関節・腱の整復

②ローラー処置

③テーピング

④アイシング

 

息子の親指の付け根を触ると

固い隆起が触れます。

関節と腱の整復治療は

この隆起部分を正しい位置に向かって

軽く圧迫しながら指の曲げ伸ばしを

行わせます。

 

 

次に腱の腫瘤部分に専用のローラーをかけます。

少し痛がりますが、治すために我慢させます。

 

 

この時点でかなり指は伸びるようになりました。

《施術前》

《施術後》

 

次にテーピングです。

 

最後にアイシングをします。

子供は冷たいのを嫌がるのですが

アイシングは必要ですので、

冷たい缶ジュースを5分間握らせます。

 

これを繰り返せば強剛母指は

改善していきます。

 

治療を開始して5日目ですが、

息子の指はまだ完全ではありませんが

見た目にはほとんど伸びてます。

 

 

お子さんが強剛母指でお悩みの方は

整復方法とテーピング方法をお教えしますので

お気軽にお問い合わせください。

ぜひ一度お試しください(^^)

 

 

【LINEで予約が可能です】
QRコードリーダーで読み取ってください。
ー読み取り方法ー
LINE→設定→プロフィール→
自分のQRコード→QRコードリーダー

予約・お問合せはこちら↓↓↓
tel:0776-72-3955

坂井市・福井市・あわら市の
腰痛・坐骨神経痛専門・巻き爪認定院

 

坂井市 ひまわり整骨院 (公式HP)

 

 

Pocket