寝れないくらい痛かった足の痛みを大幅に軽減した「バランスイス」の作り方

こんにちは(^^)

ひまわりの五十嵐です。

 

 

坐骨神経痛の患者さん。

 

 

【初診時の状態】

かろうじて歩けるが痛みのため

びっこを引いている。

仰向けで足を伸ばそうとすると

激痛が走るため仰向けになれない。

動作一つ一つに痛みを伴う。

 

 

【問診】

 

特に原因なく、

7日前から急に左のお尻と左の膝から下に

強烈な痛みを感じる。

仰向けで足を伸ばす動作が痛くてできない為、

夜は座って寝ている。

すべての動作で痛くて、楽な姿勢がない。

特に体を動かす瞬間に強く痛みを感じる。

病院ではレントゲン・MRIを撮り

「ヘルニアからきている坐骨神経痛」

と診断され腰にブロック注射、痛み止めの薬で

様子をみましょうと言われたが、

痛みが軽減しない為、当院を受診。

 

 

【施術】

 

痛みが強くて

ベッドで治療姿位がとれない為

別の施術方法を施行。

 

 

【今回、患者さんにした施術】

バランスイス↓↓↓

ウォータベッド↓↓↓

バランスイスに3分座ってもらい、

1分間立位で休みます。

これを繰り返して、痛みが和らいできたら

水ベッドで仰向けで寝てもらい

その状態で骨盤を治療します。

 

これを繰り返すことで、

30分後には多少痛みはあるけれど、

仰向きで足を伸ばせるようになりました。

この時点で痛みは来院時の1/3にまで軽減。

施術後は日常生活での注意点と腰痛体操を指導、

腰のアイシングの徹底を指導して、

腰と足にテープを貼りました。

これで今回の治療は終了です。

 

次回来院時に症状に合わせて

再度治療内容を組み立てる予定です。

 

 

【今回使用したバランスイスの作り方】

(準備するもの)

・木の椅子

・30㎝×30㎝くらいの木の板

・木ねじ

・支点となるもの(なんでもいい)

(作り方)

木の板にイスをねじで固定します。

板の裏の中心に支点となるものを固定して

出来上がりです

 

完成品↓↓↓

裏面↓↓↓

↓↓↓こんな感じでゆらゆら動きます。

 

あとはバランスよく座るだけで

骨盤が正しい位置に整復されます。

腰が痛くて朝起き上がるのがつらい方、

坐骨神経痛がつらくて10分以上歩けない方、

交通事故後の体の症状に悩んでいる方、

ぎっくり腰を繰り返している方、

腰が痛くて長時間座っていられない方は、

ぜひ自作バランスイスをお試しください(^^)

 

 

 

【LINEで予約が可能です】
QRコードリーダーで読み取ってください。
ー読み取り方法ー
LINE→設定→プロフィール→
自分のQRコード→QRコードリーダー

予約・お問合せはこちら↓↓↓
tel:0776-72-3955
坂井市 ひまわり整骨院 (公式HP)